*

子どものしつけ(パパの上手な子育てポイントその2)

公開日: : 子育て


子育てネタの第2回です。前回はこどもにイラついちゃうときの対処法について書きました。今回は「しつけ」です。

まず、

■しつけの基本は他人の気持ちを察する心を育てること

です。

ついつい感情的になってしましがちですが、そうするとなんで叱られているのか子どもはまったくわからないのに、パパが怒っているから許してもらいたい一心で謝ったり、分かったふりをしたりするんですよね。
大人同士なら言わずもがなのことでも、当然ながら子どもにはわかりません。相手が嫌がる行為がどうしてダメなのか、なんで相手が嫌がるのか、そういったところから教えていかないと「しつけ」にはならないってことですよね。

ただ感情的になるのが一切ダメってわけでもなくて、こんなのもあります。

■ものごとの善悪はその時その場での自分の判断(感情や事情による)
・「そういうことするの嫌いだ」
・「困るじゃないか」

■カッときたときは怒鳴る(子どもに怒られる生生しい体験をさせる)
・ただし威圧的にはならないように

子育てってたぶんなんでもそうなんですけど、「コレが絶対」なんてものはないんだと思います。だから、子育て本を読むと書いた人によってはたまに正反対のことを主張していたりする。でもそのひとにとっては、それがベストであって成功体験なんだなあって気持ちで見ていた方が、いいとこ取りできますよね。もちろん、ぼくがいま書いているのも例外じゃないんだけど。

そのほかは、子どもを認めて見守ってあげるっていうのも重要ですよね。家の中で追い込まれちゃうと、精神になんらかの異常をきたしていくと思うんです。逃げ場ないですよね。これができるようになると、ぼくら親の方もすごく成長できると思います。温かい目で見守ってもらえる環境って普通かもしれないけど、それがいちばん素敵な家庭ですよね。

■子どもの心を傷つけない(癖をきつく叱らない)
・指しゃぶりは無理やりやめさせず、時間をかけて本人に納得させてやめさせる

■言葉が詰まるときはプレッシャーを与えず、先回りせず、子供が言えるまで待ってあげる

■子どもの性格を見て、それを認めてあげる(親はじっとがまんする)

■子どもの良いところをほめる

■困ったところがあっても、そのうち本人が克服すると子どもを全面的に信頼する

■子どもを追い込まない(こどもがついたうそで追い込まず、うそは流す)

あとは、「しつけ」ともちょっと違うけど説教に関することとか。

■説教は避ける(説教する側には必ず悪魔的なものが伴い自己満足になる)

■もし説教するときは簡潔、短時間、具体例、ユーモラスな運び、自分の失敗談
・子どもの身になって考える
・退屈そうな素振りを見せたら、そこでやめてまた次の機会にする

■ものやひとを噛むときは未然に防ぐ(未然に注意されたほうが理解する)

ぼくがまとめたポイントの大半を書きましたが、もうちょっと残っているのでその部分はまた次回にしまーす。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

関連記事

no image

のーりをつーかうとっきは~♪ のりマスターの正体「チーミー」さん

 のりのり、のりのり、のりマスター♪って、人の名前じゃなかったのね! あのオリラジみたいなメ

記事を読む

no image

ムジカのアリーナが歌うますぎてハマる 

おかあさんといっしょあつまれ!土曜日を見ていると、その流れでつい見てしまうムジカピッコリーノ。全然世

記事を読む

冬の娘リッカロッカ - NHKこんげつのうた

冬の娘 リッカロッカ(NHKおかあさんといっしょ) - Single250円(2014.01.11時

記事を読む

「だいだらぼっち」ようかいしりとりの妖怪画像(手書きイラスト)

ダイダラボッチは、日本の各地で伝承される巨人である。 ふむ。 だいだらぼっちは巨人なのだ

記事を読む

シール☆ハレハレ! - NHKこんげつのうた

シールハレハレ 2015年5月の今月の歌ですね。 久しく見ていなかったけれども、見ればすぐに

記事を読む

no image

かいけつゾロリシリーズ

子どもが急にかいけつゾロリにハマりました。 結構シリーズ長いんで、勢い良く読破してもまだまだ未

記事を読む

じゃくじゃくあまのじゃく - NHKこんげつのうた

おかあさんといっしょのあまのじゃくがかわいい。 この簡単なフォルム・・描きたくなるが、これじゃ逆に

記事を読む

no image

竹馬に注目しています

知っていますか? 竹馬に乗っていると姿勢が良くなるらしいんですよ。 昭和の子どものあぶない遊

記事を読む

no image

名前の由来

グリコってなんでグリコなんだろうって思って調べてみたら、グリコの公式ページになぜなにコーナーっていう

記事を読む

「けらけらおんな」ようかいしりとりの妖怪画像(手書きイラスト)

倩兮女(けらけらおんな)は、鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』にある日本の妖怪。 着

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑