*

第149回芥川賞受賞作「爪と目」

公開日: : 最終更新日:2013/10/05

41PYCPVHd3L._SS500_

 第149回芥川賞受賞作の『爪と目』(藤野可織著)を読んだ。

 著者の藤野さんは1980年生まれだから、33歳くらいでしょうか。

kaorifujino

 2013年9月8日時点でのAmazonレビューを見ると、、、、こりゃヒドイ。37件のレビューがあって、評価は5段階中の2.6になってます。レビュー内容としては、女児目線で継母について「あなた」という語り口調で表現された技法に対する批判と賞賛、陰鬱で中身がないというストーリーに対してのこき下ろしが大半かな。


 読み終わった感想としては、ほぼレビューに同感。最終的にスッキリしないし、盛り上がらないからね。だけど、読んでいる途中で続きが気になったし、読み進めさせられる文章力はさすがと言えると思う。そりゃあ石田ナントカとか山田何某って、設定の面白さやライトな文体で楽しませるエンタメ作家に比較すれば、当然読みづらいしつまらないけど。
 でも世の中がそっちばかりに傾いたら大変だし、そもそも芥川賞自体が娯楽に対する賞じゃなくて、純文学を対象にしているわけだから。賞をとった作品イコール面白い、みたいな構図は単純に成り立たないんだろうね。それだったら直木賞受賞作を読んでいたほうが余程しっくりくると。

 本当に芥川賞が分かっている人たちはAmazonレビューなんか見て読むか読まないかを決めたりしないだろうからレビューの質がどうであれ、大して影響はないのだろうと思う。
 ただ、純文学が好きな人って斜に構えてて、しかも暗いイメージあるよね。ぼくが好きな「村上春樹」とか「山田詠美」とか「宮本輝」とかも純文学に入るのかと思うと、決して人のことは言えないんだけど(笑)

 そんなぼくが保証するのでアテにならないかもしれないけど、「爪と目」は独特の「あなた」という表現技法と、じめっとしていて後味が悪いという純文学らしい世界観のある作品で一読する価値があると断言できます。
 表面的にユカイで面白い読書じゃなく、たまにはこういう心を抉るような文章を読みたくなる。こうゆう本ってなぜか時間が経っても忘れられないし、何かが心に引っかかって残っていくんじゃないかと思う。その蓄積が人間としての教養とか深みにつながっていくと思っています。

 

関連記事

no image

レバレッジ人脈術

「人脈をつくる」とか「SNSコミュニケーション」とか、そういった類の本や情報商材って基本的に

記事を読む

41eQh27dcFL._SL160_

金運をあげたいなら、まずは筆跡を変えろ!『筆跡を変えればお金が儲かる』

書店をふらふらしてたら、タイトルで気になった本。 『筆跡を変えればお金が儲かる──お金の超プロが教

記事を読む

no image

坂の上の雲で日本軍人のイメージが変わる

旧時代的な精神論だけで突っ走っていたようなイメージのある明治の日本人。 ちょっと歴史の本を読むとそ

記事を読む

no image

アルケミスト - 夢を旅した少年

さいきんものすごく良い本に巡り合えた。 アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフ

記事を読む

no image

俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方

 ブックオフ創業者であり、「俺の~」で飲食業界に革命を起こしたと話題になっている坂本孝さん。

記事を読む

no image

最近のブックオフの値づけってこんな感じか

このごろよくブックオフに行くのだけど、ある複数の店舗で105円~200円という棚が。ブックオ

記事を読む

no image

運を育てる~肝心なのは負けたあと~

『運を育てる』 米長邦雄  将棋界で名人にもなった著者を知らなかったという自分の無知は

記事を読む

no image

「常識」の日本史

 井沢元彦さん著の『「常識の」日本史』、歴史について書かれた本を読んでこんなに内容が腑に落ち

記事を読む

no image

山田詠美著『ぼくは勉強ができない』

ぼくの高校時代のバイブル的な本。久しぶりに読み返した。高校までは推理小説とかライトノベルなん

記事を読む

no image

今まで読んだ中で一番好きな本を教えてください

うーん、なんだろうなあ。 タメになる本って言ったら、『影響力の武器』だなあとは思うんだけど。この本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
マクドナルドの怠慢

それは夜の22時頃。 仕事帰りにマックで三角チョコパイをお土産にしよ

no image
クリスタの体験版すげーなー

こりゃーすごい。 優良なイラストソフトのクリップスタジオが30日

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑