*

山田詠美著『ぼくは勉強ができない』

公開日: : 最終更新日:2013/10/20

IMG_2639

ぼくの高校時代のバイブル的な本。久しぶりに読み返した。高校までは推理小説とかライトノベルなんかを読んでいたので、この辺からガラッと趣味が変わった気がする。
きっかけはNHKFMの青春アドベンチャー。この番組が好きで、高校生の頃は毎日聴いてたなあ。ていう、インドア人間ですけど。

検索したら、ちゃんと続いてた! 青春アドベンチャー。
取り上げる本によるけど、毎日15分間ずつ本の内容を耳で聴けるって素晴らしい番組。朗読じゃなくて、ちゃんと役として読んでくれるし。時には豪華俳優が出演したりもしてて、NHKってたまにこうゆう良い番組つくるんだよね。
最初はこの前にやってたミュージックスクエアって音楽番組を聴いてて、そのままかけてたのを聞いていただけだったんだけど。その音楽番組も流行りの曲からマイナーな曲まで、リクエストに応えて一曲丸々流してて良かったんだよなあ。こっちはまだやっているんだろうか?

さて本の話に戻ると、タイトルの通りの青春小説。「勉強はできないが女にモテる」自由人な雰囲気の高校生の時田秀美くんが恋や友人関係で悩むという。ただ、この秀美くんが悩みに酔い痴れるタイプじゃないのがいい。
本質的なところをズバリと言ったり、言われたり。著者が女性なので女性目線な感じもあるけど、少女漫画みたいに夢見がちなこともない。もっと現実的で、ある意味では高尚な内容といえるかも。

たとえば、秀美くんの考えは基本的にこんな感じ。
しかしね。ぼくは思うのだ。どんなに成績が良くて、りっぱなことを言えるような人物でも、その人が変な顔で女にもてなかったらずい分と虚しいような気がする。女にもてないという事実の前には、どんなにたいそうな台詞も色あせるように思うのだ。変な顔をしたりっぱな人物に、でも、きみは女にもてないじゃないか、と呟くのは痛快なことに違いない。

そんな「普通」じゃない高校生の秀美くんが主人公の話が短編でまとめられているんだけど、一番最後に番外編として載っている小学校時代の話である『眠れる分度器』がかなり深い。
「そんなつもりじゃないのが一番悪い」ってフレーズは、どこで読んだんだったかなあなんて思ってたんだけど、この本だったか。
何度も読み返してたけど、10年以上経てば細部は忘れているもんだ。それでも今のぼくの中心に近いところの考え方がここにあるような気もする。

民主主義の原則である多数決を受けて、「民主主義なんかくだらねえや」と言える小学生。さらに、「前ならえなんてくだらない」と言える小学生の秀美くんが素敵。
30歳になった自分は、秀美と対峙する大人代表の奥村先生に近くなっているのかもしれない。わからないものを誤魔化して、その場しのぎで切り抜けることを覚えると本当に退化していく。
なんだか高校の頃とは違った部分でドキッとさせられた。

他にも昔読んでた本を読み返すのも面白いかもしれないなあ。

関連記事

no image

日中の行動が睡眠の質を改善する

スパッと気持ちよく目覚められない朝が続いています。もたみぃです。いつも大体5時(前後10分くらい)に

記事を読む

no image

目的はなんですか。何分かかりますか?–P&G式 10の習慣

目的はなんですか? 何分かかりますか? --常にこんな思考で仕事をすることが習慣化されていれば

記事を読む

no image

最近のブックオフの値づけってこんな感じか

このごろよくブックオフに行くのだけど、ある複数の店舗で105円~200円という棚が。ブックオ

記事を読む

no image

第149回芥川賞受賞作「爪と目」

 第149回芥川賞受賞作の『爪と目』(藤野可織著)を読んだ。  著者の藤野さんは198

記事を読む

no image

ボジョレーヌーボー解禁日はただのワインを飲む日に変わったらしいよ

毎年11月と言えばボジョレー、ボジョレー。 あっちもこっちもボジョレーだったのに、今年はトーン

記事を読む

no image

かいけつゾロリちきゅうさいごの日で隠れているゾロリママ

かいけつゾロリ本をそこそこの勢いで読み続けています。 そこで気になったのは、この『かいけつ

記事を読む

no image

非凡な才能よりも続ける努力・・だけど非凡な才能は必要なんだよね【自助論】

通勤中の読書でサミュエル・スマイルズの自助論を読み始めた。 さいきんは日本の書籍ばかり読んでいたの

記事を読む

no image

「常識」の日本史

 井沢元彦さん著の『「常識の」日本史』、歴史について書かれた本を読んでこんなに内容が腑に落ち

記事を読む

no image

俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方

 ブックオフ創業者であり、「俺の~」で飲食業界に革命を起こしたと話題になっている坂本孝さん。

記事を読む

no image

アルケミスト - 夢を旅した少年

さいきんものすごく良い本に巡り合えた。 アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
マクドナルドの怠慢

それは夜の22時頃。 仕事帰りにマックで三角チョコパイをお土産にしよ

no image
クリスタの体験版すげーなー

こりゃーすごい。 優良なイラストソフトのクリップスタジオが30日

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑