*

ブログに対するコメント

公開日: : 日常の気づき

少しですが、ブログの記事にコメントをいただく機会があって本当にありがたい限りです。
スパムの関係で今のところ承認制にはなっていますが、基本的にはどんな意見でも掲載するつもりです。

ぼくとしては、ブログを書くことで思ったことを吐き出しているので、それに対して賛否があることは素直に嬉しく思います。
こちらで運営しているというその性質上、どうしても議論する場とはなりづらいのが残念ですが。
おそらくコメントをしてくださる方の多くは、検索ワードで飛んできているだけだと思うので、大半は通りすがりのコメントなんですよね。

ブログの意義って、文章を書く練習になることだったり、気になったことを発信できる場所だったりと思っていましたが、コメントをいただくことで双方向性のやり取りができるのは面白いですよね。
そうすると、ぼくが書いた意見に対しての反論や違った見方も聞くことができて、目からうろこということもあります。

内容に関係ないようなアホみたいなコメントには反応するつもりはありませんが、言いたいことがあったらぜひぜひご意見ください。

主観でブログを書かない方がいい理由とかね。なんでなんだろ?

関連記事

no image

ランニングでみえた結果に対するメンタルの影響

今朝も走った。妻、、もとい子猫ちゃんと子ども(3歳男児)が起きる前に。 先週は風邪からの病み上がり

記事を読む

no image

「月が綺麗ですね」という粋な告白とその返し方

// // これは超有名なフレーズらしく、こんなやりとりがあった。 ぼく 「今日は

記事を読む

no image

クリスタの体験版すげーなー

こりゃーすごい。 優良なイラストソフトのクリップスタジオが30日間無料で体験できます。

記事を読む

no image

台風に「なった」って、どうゆうこと?

「台風17号になりました」  朝ご飯をモシャモシャしながら、ラジオニュースを聴いていた

記事を読む

no image

ノドに違和感あったらとりあえずハチミツ流し込め

喉が弱いもんで、ちょっと声を出しすぎるとすぐに喉が悲鳴を上げます。 若かりし頃には枕元にフィニッシ

記事を読む

no image

iPhoneの連写

これ知ってました? もはや常識? iPHONEのシャッターボタンを押しっぱなしにしていると高速連写

記事を読む

no image

TOEIC200点台がAudible速聴に挑戦してみる

中学生のころから英語ペラペラになりたいなーと思っていたのだけど、10年前くらいに社会人になって初めて

記事を読む

no image

バッファローのせいでフレッツがつながらない

数ヶ月もWi-Fiの使いづらさに苦しみ続けてしまった。 買った瞬間は楽々設定で普通に使えると思

記事を読む

no image

にわかには信じがたい価格で・・

この間たまたま通りかかったお店で、というか駅ビルの中にあるその店の通路を挟んだ向かいの店で小物を見て

記事を読む

no image

スマホの言い訳がましい言葉

予期せぬエラーが発生しました。 うちのスマホがよくこういってアプリを閉じます。特にDMMプレイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
マクドナルドの怠慢

それは夜の22時頃。 仕事帰りにマックで三角チョコパイをお土産にしよ

no image
クリスタの体験版すげーなー

こりゃーすごい。 優良なイラストソフトのクリップスタジオが30日

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑