*

取り締まりの勢いはとりあえず初日だけか

公開日: : クロスバイク

しばらくは張り切って続けるかと思ったら、今日は見かけませんでした。ポリポリさん。

まずはメディアへのアピールと見せしめのために、初日に本気出したってところでしょうか。その分、今日からは人数がガクッと減って目立つところにはいなかったのかも。

car0012-009

通勤時間に捕まえるとか、ほんともうそれが害悪でしょう。何度も言うけど、突っ立てるポリさん邪魔なんですよ。自転車の停め方も酷かったりするし、停止線を少しはみ出すことよりも歩道を占領する方がよっぽど危険です。

これからは裏道にもいたりするのかなあ。
今までは見た事ないんですけどね、微妙な信号とかの場合、正直ただしい通行方法が分からないので困っています。

自転車って車用の信号に従うのん? 歩行者用の信号は無視していいのん?
そのへん悪いとこ取りな感じがして、ちょっと不安です。

そこそこの交通量のある道で逆走してくるチャリは捕まえてしかるべきですが、それ以外の場合は・・・どうなんでしょうねえ。

信号も何もないところを左右確認もロクにしないで渡ってくるような歩行者のおばさんをなんとかする方が、世の中のためだと思う訳ですが。

ポイント稼ぎに必死になっている雰囲気のうちは、警察がいなさそうな裏道を細々と走っていくのがベストかなあ。
マトモな運転しているつもりで捕まえられちゃったら、話にならないもんね。

ちなみに、裏道は結構な人たちが取り締まり対象でしたよ。
信号無視、逆走、イヤホーンなどなど。

一本向こうでは捕まりまくりだってのに。
まじかよ・・って思った。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

関連記事

チャリ通になれたら電車に乗れなくなるぜ

自転車通勤のすばらしさを改めて実感しています。 もう電車にのりたくなーい! おっさんと肩触れ合

記事を読む

クロスバイクはギアチェンジでもっと快走できます

クロスバイク通勤も慣れてくると一時間くらいなんてことなくなりますね。 もはやどれだけ走っていて

記事を読む

クロスバイク乗りはここぞというときだけ本気で走る

クロスバイクに毎日のように乗っていて気づいたのは、普通に走っている分にはママチャリと比べても大して変

記事を読む

no image

チャリで通勤すると交通費的には楽になるの?

都内の通勤は平均的に1時間くらいでしょうか? 田舎だと車で15分とか、そんな感じですけどね。

記事を読む

クロスバイクに乗るならカバーソックスは持っておこう

クロスバイクに乗るときの問題点のひとつ、裾汚れ。 これを回避するために申し訳程度に右側の裾をま

記事を読む

背中のリュック汗解消にカゴ付きクロスバイクという選択肢

通勤で汗かくのって本当にいやですね。 シャツが汗染みになっているのって、結構ひくポイントですが、汗

記事を読む

雨が降りそうな日が続くほどパッカブルレインポンチョが気になってくる

雨の日にクロスバイクで華麗に走るなら、パッカブルレインポンチョなのではないだろうか。さいきんよく思い

記事を読む

クロスバイクで地域に親しむ

クロスバイク通勤もそろそろ3ヶ月です。 約1時間の道のり、不安とともにスタートしたものですが、新た

記事を読む

クロスバイクのエンドキャップがどっかいった

雨上がりの道をシャーっと快適に飛ばしながら、何気なくグリップエンドをさすさすしていたら・・・あれ?

記事を読む

汗が気になるなら体毛ツルッツルにしちゃえばいいじゃない

汗のにおいが気になる、汗をかきすぎる、そんな悩みには、 「毛を剃る」ということで結構対応できそうで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑