*

営業の魔法-この魔法を手にしたものは必ず成功する

公開日: : 最終更新日:2013/10/20

ちょっと前からずっと気になっていました。

『営業の魔法-この魔法を手にしたものは必ず成功する:中村信仁』

タイトルが強烈すぎて、逆によくある胡散臭い営業本かなあというイメージを拭い去ることができず、悩んでいましたが、ようやく購入。ネット上で色々とレビューを見ていたところ、書籍で読むよりもオーディオで聞いたほうが理解しやすい内容になっているそうなのでこちらを購入しました。
(iPhoneならiTunesでの購入がオススメです。)

結果、見事にハマリ、4時間ちょっとあるのにも関わらず一日で一気に聞いちゃいました! あ、もう終わり!? みたいな感じで全然長さを感じません。

内容としては、トップセールスのカミヤさんが新人のダメ営業だったオガサワラさんを指導して、小笠原さんがトップセールスになるっていう、ありがちなサクセスストーリーです。

購入する前は、なんとなく営業テクニック論に走った内容だろうなあなんて思っていた僕は本当に愚かでした。たしかに、テクニックが順に語られるんですが、その根底にしっかりと論語の精神が入ってますね。利他ですよ。リタリタ。

『あなたは誰を幸せにしたいの?』

営業本っていうと、売れれば良いみたいな売上至上主義の人達を多く見てきたのでこういう考えを広めている人がいるのは素直に嬉しかった。神田さんとか横山さんはこの辺どうなんだろうね? ・・よく考えたら横山さんがメルマガで絶賛していたから購入したはずなんだけどな。それはそれとして、自論の方が強く出ているってことでしょうか。

もしも購入を迷って、このページにまでたどり着いたのでしたら安心して購入してください。たとえ営業職じゃなくても、ビジネス一般に共通の心構えとスキルを磨くきっかけになります。

ま、声の好き嫌いはあると思うけど。・・カミヤさんがちょっと気持ち悪いかな。あと小笠原さんのカミヤさんへの依存具合が強すぎて、苦手な人は苦手かも。BL展開とまではいかないけど、これもう恋慕してるんじゃないのっていうような強い想いの描写が何度かあります。

まあまあそうはいっても、内容自体にはその辺りまったく差し支えないのでご安心ください。アポ取りの秘訣からクロージングのテクニック、そして営業の役割とは何かという本質的なところまでしっかりとカバーされていて、最初から最後まで安心して聞けます。

あなたは誰を幸せにしたいの? ふふ、ハマリ過ぎかな(笑)

–2013年7月12日追記

購入して約1ヵ月が経過します。最初に聞き終わってからは、倍速にして毎朝20分くらいずつ聞いています。そうすると大体1週間で1周って感じのペースになりますね。これは何度聞いても飽きない。それ以上に同じ事を聞いているはずなのに、その時の自分の状態のよって新しい気づきが生まれてきます。

もちろんなんとなく聞き流してしまっていたことにピントが合うってこともあるし、そのときの自分の置かれている状況と合致して、より理解できるってこともあります。
オーディオの最後で著者の方も仰っていますが、何度も繰り返し聞くのがこのオーディオブックの正しい使い方ではないでしょうか。

ちなみに、倍速で聞くとカミヤさんの気持ち悪さがかなり薄れますww

関連記事

no image

アルケミスト - 夢を旅した少年

さいきんものすごく良い本に巡り合えた。 アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフ

記事を読む

no image

NLPの入門書『マンガでやさしくわかるNLP』

今週はやる気でない日が続きますなー。暑さもそれほどじゃないけど、この中途半端な夏の感じがより一層ぼく

記事を読む

no image

「常識」の日本史

 井沢元彦さん著の『「常識の」日本史』、歴史について書かれた本を読んでこんなに内容が腑に落ち

記事を読む

no image

第149回芥川賞受賞作「爪と目」

 第149回芥川賞受賞作の『爪と目』(藤野可織著)を読んだ。  著者の藤野さんは198

記事を読む

no image

俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方

 ブックオフ創業者であり、「俺の~」で飲食業界に革命を起こしたと話題になっている坂本孝さん。

記事を読む

金運をあげたいなら、まずは筆跡を変えろ!『筆跡を変えればお金が儲かる』

書店をふらふらしてたら、タイトルで気になった本。 『筆跡を変えればお金が儲かる──お金の超プロが教

記事を読む

no image

坂の上の雲で日本軍人のイメージが変わる

旧時代的な精神論だけで突っ走っていたようなイメージのある明治の日本人。 ちょっと歴史の本を読むとそ

記事を読む

no image

ものごとを継続する方法「続ける技術(石田淳)」

「続ける」技術 posted with ヨメレバ 石田 淳 フォレスト出版 20

記事を読む

no image

山田詠美著『ぼくは勉強ができない』

ぼくの高校時代のバイブル的な本。久しぶりに読み返した。高校までは推理小説とかライトノベルなん

記事を読む

no image

レバレッジ人脈術

「人脈をつくる」とか「SNSコミュニケーション」とか、そういった類の本や情報商材って基本的に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

PAGE TOP ↑