*

けん玉の重み

公開日: : 最終更新日:2015/05/10 子育て

淡々とモシカメを日々続けていて思う事には、段々とその重みがなじんでくるということですよね。

最初の頃は皿の上に玉が来ても、弾かれて乗せられないということがあったけど、今や皿にぶつかったところから皿に納まる瞬間をコントロール出来るようになってきた。
サッカーで言うところのリフティングのボールタッチみたいなものだよね。これは。

やり始めはとても想像出来ないけど、出来るようになると繊細なコントロールが出来るようになってくる。まだまだスパイク精度は高くないのだけど。
でもこれもまた、何度も繰り返しているうちに穴の位置感覚と剣先をひっかけたときのインサート感がつながるんだろうなあ・・というのは想像出来る。

けん玉は地味だけど、これが意外にもやり始めると止まらないんですよね。
ぼーっとしながらついつい淡々とやり続けてしまうのです。

もしかしたらこれ、意図せずに集中力が高められちゃうのではないだろうか。手先も器用になりそうだしね。なんとなく。

関連記事

「だいだらぼっち」ようかいしりとりの妖怪画像(手書きイラスト)

ダイダラボッチは、日本の各地で伝承される巨人である。 ふむ。 だいだらぼっちは巨人なのだ

記事を読む

no image

幼稚園児になったぼく

子どもの入園が近いせいか、ぼく自身が幼稚園児になってしまった。 しかもなぜか子どもの名前で呼ば

記事を読む

no image

竹馬に注目しています

知っていますか? 竹馬に乗っていると姿勢が良くなるらしいんですよ。 昭和の子どものあぶない遊

記事を読む

烈車戦隊トッキュウジャーが子ども心をくすぐってきてワクワクする

久々に戦隊ものを見た。 今回はまた子どもが好きそうな設定の「烈車戦隊トッキュウジャー」。

記事を読む

no image

私立の幼稚園と公立の幼稚園、どっちがいいんでしょう

そろそろ子どもの幼稚園を考える時期になりました。情報収集もネットで大枠はできるので便利な世の中になり

記事を読む

「けらけらおんな」ようかいしりとりの妖怪画像(手書きイラスト)

倩兮女(けらけらおんな)は、鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』にある日本の妖怪。 着

記事を読む

no image

『スータラサットン』は伝説の生き物だったbyノージー

ノージーのひらめき工房を見ていたら、歌がスータラサットンに変わったみたい。スータ

記事を読む

ようかいしりとりの妖怪たちを描いてみたPART1

NHKおかあさんといっしょの12月はこんげつのうたを設定していないみたい。 結構楽しみにしてたんだ

記事を読む

no image

仲良しこよしのあほな父親なんかダメだろう

たぶん最近は昔に比べて父親の子育て参加が増えていると思う。これは調べる間もなく明らかだよね。 働き

記事を読む

今や粘土はこむぎだから口に入っても大丈夫なんですよ

西松屋にて粘土を購入しました。 ノージーのひらめき工房で前にやっていたらしく、子どもが粘土やりたい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

PAGE TOP ↑