*

けん玉クロスにはまっている

公開日: : 最終更新日:2015/05/24 けん玉クロス, 子育て

けん玉クロス。

それはただ見た目がかっこ良くなったけん玉。

というだけではなく、皿の部分をカスタマイズ出来るという。ザ・おしゃれけん玉。
スキルに合わせて初心者用の大きい皿に変えたり、皿が小さめの上級者向けに変えたり、本体とは違う色に変えたり、それだけでもちょっと楽しい。

スケルトンな感じのかっこよさだけでなく、ついつい触れたくなるなめらかな質感とフォルム。このあたりは木の素材よりもおもちゃ感が強い感じ。
しかも木と比べると失敗して手に当たった時の痛みも軽減される気がする。見た目のせいかもしれないけど、持った感じもちょっと軽いと思える。

それでまずはパパがやってみることで子どもに興味を持たせようと思ったらすっかり楽しくなってしまいました。
久々のけん玉って奴はなかなか燃えるものですね。もとが単純なだけあって、やればやるほど上達するし、なんで上手くなっているかわかんないけど、できるようになります。この成長感は妖怪育てるよりもリアリティー感じるぜ。

おかげさまで基本とトリック13とレジェンドサムライはメイクしました。

あ、けん玉クロスではトリックを決めた時に「メイク」って言うんで。ヨロシク。

スウィングとか日本一周ならぬアラウンドジャパンは難易度が高い技、なんだけどどことなく地味。それに比べるとモシカメスパイクだとか、トルネードあたりのほうがカッコいい!

レジェンドサムライはメイクすると気持ちいいけど、もんのすごい地味感ハンパないっす・・・。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

関連記事

no image

ミーイズムのあまりの凄さに戸惑いを隠せない

東京で生活すればするほど強く感じるのが、自分がよければそれでいいっていう『ミーイズム』。 電車の乗

記事を読む

じゃくじゃくあまのじゃく - NHKこんげつのうた

おかあさんといっしょのあまのじゃくがかわいい。 この簡単なフォルム・・描きたくなるが、これじゃ逆に

記事を読む

no image

子どもの工作「ひらめき工房」

子どもが工作に興味を持ち始めた。どうやらNHKで放送している『ノージーのひらめき工房』ってゆ

記事を読む

今や粘土はこむぎだから口に入っても大丈夫なんですよ

西松屋にて粘土を購入しました。 ノージーのひらめき工房で前にやっていたらしく、子どもが粘土やりたい

記事を読む

4歳児と初めてのプール

オムツがとれたらすぐにでも行こうと思っていたプール。 動くまでにかなり時間がかかってしまったな。た

記事を読む

no image

親の器

子どもの育て方について真剣に考えると、自分が出来なかった事をさせてあげたいとか、賢くて運動が出来てコ

記事を読む

no image

「ブンバ・ボーン!」おかあさんといっしょの体操がリニューアル

子どもが生まれてから長年親しんできたぱわわぷ体操もおしまいです。 家に帰ってきたら、嫁に「なんと!

記事を読む

「アンパンマンはじめてのらくがきデスク」これは使える。描いて消せるボードのデスクタイプ

もうすぐ4歳となる息子が段々と絵を描けるようになり、ちゃんと人の顔らしきものを表現できるようになって

記事を読む

冬の娘リッカロッカ - NHKこんげつのうた

冬の娘 リッカロッカ(NHKおかあさんといっしょ) - Single250円(2014.01.11時

記事を読む

部屋に花を飾ってみた

「洗面所アラーム作戦」めっちゃ使えるわあ。 5分前に枕元のアラームで目を覚ましておくことがミソかも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑