*

ランサーズなら好きな時にだけお小遣い稼ぎ

公開日: : ビジネス

ランサーズで月一万円の稼ぎを目指していたのですが、先月は完全に失速してしまった・・。
というか全くやっていませんでした。

習慣みたいなもので、一度やり始めるとのめり込んでいくし、一回離れるとそのままやらなくなる、みたいなね。
でもお小遣い稼ぎなわけだからそのへんも自由でいいよね。
バイトだったらやりたくない時期が続いたら辞めなきゃいけないけど、そんなしがらみも関係ないし。

ということでまたランサーズ熱が入り始めております。
ネタによるけど、300字~500字くらいで100円程度の案件も多いし、そのくらいなら何の気なしに書けちゃうからやっぱり楽だなあ。
子どもが幼稚園に行っている間に働きに出るのはちょっと億劫だけど、在宅でアンケートやブログ記事作成するだけなら・・って感じだよね。
ホント主婦にはオススメだと思う。幼稚園行事の時はやらないようにすればいいだけって話で。

もし学生の頃にこうゆうのがあったら万単位で稼げていたかなって思ったりもするのだけど、学生の頃の自分はそんなに書くのが好きじゃなかったかも。
当時はブログなんて一部の人しかやっていないような状況だったしね。
そう考えると、子どものころから普通にブログを書いて育ってきた人にとっては、タスク案件なんて朝飯前なんじゃなかろうか。

楽して稼ぎたいと思っているそこの若いの、試しにやってみたらどうだい?



クラウドソーシング「ランサーズ」

関連記事

no image

ぼくの嫌いな「ビジネスができないノータリン女」

 前にノータリン女の馴れ合いについて書いたんだけど、書き足りないから書いておこう。もうビジネス社会に

記事を読む

no image

NPOで働くことを考えるイベントでの気づき

平日は毎朝出社前にブログ更新したいのですが、今日は他にやる事があって帰りの更新です。いつものリズムを

記事を読む

no image

良いスピーチに必要なものは能力ではない

朝礼でスタッフがスピーチを行なう会社って結構ありますよね。ぼくも以前勤めていた会社で経験ありますが、

記事を読む

no image

創業者の異常性とブラック企業論

突然ですが、創業社長って変わった人が多いですよね。一種の異常性とか、サラリーマンとしてはおよそうまく

記事を読む

no image

why so? をしっかりつくれない「思いの欠如」という問題

これまで3社で3~4職種経験してきてふと思ったけど仕事ってさ、結局のところ  ・何のために

記事を読む

no image

人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑) でもって死ぬほどくだらない

記事を読む

no image

営業していて思ったこと。自分を安売りしない。

前に笑顔をギャップに使うってことを書いたんだけど、そう考えながら日々を過ごしていたらなんとなく分かっ

記事を読む

no image

就活では大手を選んだ方がいい

電車に乗っている時に、ちょっとおかしいおばさんが就活中の学生に話しかけてて、  おばさん「やっぱ大

記事を読む

no image

上辺だけのコミュニケーションテクニックを身につける

本質的な教養や知識があれば上辺だけのコミュニケーションテクニックなんて要らないと思っていました。さい

記事を読む

no image

ひとりごとの自己整理

自分がどうなりたいのかについて考えてみた。 漠然とお金持ちになる、会社に頼らず生きていく、何か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
マクドナルドの怠慢

それは夜の22時頃。 仕事帰りにマックで三角チョコパイをお土産にしよ

no image
クリスタの体験版すげーなー

こりゃーすごい。 優良なイラストソフトのクリップスタジオが30日

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑