*

レバレッジ人脈術

公開日: : 最終更新日:2013/10/19

IMG_2513

「人脈をつくる」とか「SNSコミュニケーション」とか、そういった類の本や情報商材って基本的に嫌いなんだけど。この本もご他聞にもれず、一時的に流行って古本屋に滞留すると言う末路を辿ったようで、どこのブックオフに行っても2冊くらい置いてあるというような状態。もちろん105円で。(Amazonだと1円もありえるかと思ったけど、2013年9月時点では40円

ともすれば10分~30分くらいで読めちゃうような本なので、ざっと読んでポイっとされたのかなって思うけど、人と会うための基本が十分に書かれていると思う。専門書とか小説以外は、こうしてさらっと読めて大事なところだけを理解したうえで行動できるのが一番いい。勝間本とかは、自惚れ気味の余計な部分が入りすぎてるから(それでも中にはいい本もあるけどね)。

この本で一番繰り返されているのが、「コントリビューション(貢献)」という考え方。人脈っていうと、ギブ・アンド・テイクでってイメージもあるのだけど、著者によるとそれは論外。ギブ・アンド・ギブでさえ偉そうな響きと断じている。
コントリビューションってのは、その言葉どおり「その人に自分がどんな貢献ができるか」ということを念頭において人と会うということ。なので、その行為自体を楽しんでいくことで、テイクを期待するギブではないってことですね。

これ、書いちゃうと「なあんだ、そんなことか」って感じだけど、異業種交流とか無料セミナーなんかで名刺交換して話するとできている人は少ないよね。やっぱり「何かを得たい」って思って参加している人が多いからか、そこで知り合って仲良くなりたい人ってあまりいない。やたら周囲に話しかけているのって自分アピール型人間か、寄生虫型人間かって感じがするし。著者はそういう人をPL型としていて、BS型のライフスタイルを提案していますね。

世の中にはまだまだPL型が多いからこそ、「コントリビューション」ができたら強いよねって思うんだけど、そのためには徹底的なインプットが必要とも書いている。このインプットは当たり前だけど本や雑誌を読み、セミナーに行くという自己投資。多分ね、このインプットを怠って、何もないなかで人との繋がりだけで生きていこうとする「やたらコミュ力の高い人間」ってのが前述した異業種交流とか無料セミナーの場には溢れているんだよね。コミュ力が高いから、一見すごそうに見えたりするんだけど、話聞いてみたら
中身がない!」みたいな。

あとは、「相手に会いたい」って思ったときにはその人のサイトやブログのチェックはもちろん、著書は全て読んだ上で講演会やセミナーに参加する、とも書いている。著書を1冊読んで「好き」だと思って「会いたい」になる人って多いけどね、これはこの本には書いていないけど、著作を読むときは時系列で読むといいそうですよ。その人の考え方の変化がわかるからってことで。

最後に「人脈づくり6つのタブー」と人脈づくりの基本となる「コントリビューションの4つのレベル」を抜粋しておきます。


■人脈作り6つのタブー

  1. 名前も言わずにお願いする
  2. 相手の都合を考えないアプローチやコンタクトをする
  3. 自分の話しかしない
  4. 意味のない紹介をする
  5. 「お願い」ばかりする
  6. 「メンター」になることを依頼する

■コントリビューション4つのレベル

LEVEL1. 「情報」一般に出ている有益な情報を提供する 
LEVEL2. 「プレゼント」相手に合いそうな本などをプレゼントする
LEVEL3. 「ノウハウ・アドバイス」特定の相手に何かを聞かれて具体的に教える
LEVEL4. 「コネクト」相手の役に立つ人や会社を紹介する

関連記事

no image

運を育てる~肝心なのは負けたあと~

『運を育てる』 米長邦雄  将棋界で名人にもなった著者を知らなかったという自分の無知は

記事を読む

no image

ものごとを継続する方法「続ける技術(石田淳)」

「続ける」技術 posted with ヨメレバ 石田 淳 フォレスト出版 20

記事を読む

no image

日中の行動が睡眠の質を改善する

スパッと気持ちよく目覚められない朝が続いています。もたみぃです。いつも大体5時(前後10分くらい)に

記事を読む

no image

最近のブックオフの値づけってこんな感じか

このごろよくブックオフに行くのだけど、ある複数の店舗で105円~200円という棚が。ブックオ

記事を読む

no image

ボジョレーヌーボー解禁日はただのワインを飲む日に変わったらしいよ

毎年11月と言えばボジョレー、ボジョレー。 あっちもこっちもボジョレーだったのに、今年はトーン

記事を読む

no image

非凡な才能よりも続ける努力・・だけど非凡な才能は必要なんだよね【自助論】

通勤中の読書でサミュエル・スマイルズの自助論を読み始めた。 さいきんは日本の書籍ばかり読んでいたの

記事を読む

no image

かいけつゾロリちきゅうさいごの日で隠れているゾロリママ

かいけつゾロリ本をそこそこの勢いで読み続けています。 そこで気になったのは、この『かいけつ

記事を読む

no image

山田詠美著『ぼくは勉強ができない』

ぼくの高校時代のバイブル的な本。久しぶりに読み返した。高校までは推理小説とかライトノベルなん

記事を読む

no image

「常識」の日本史

 井沢元彦さん著の『「常識の」日本史』、歴史について書かれた本を読んでこんなに内容が腑に落ち

記事を読む

no image

坂の上の雲で日本軍人のイメージが変わる

旧時代的な精神論だけで突っ走っていたようなイメージのある明治の日本人。 ちょっと歴史の本を読むとそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
マクドナルドの怠慢

それは夜の22時頃。 仕事帰りにマックで三角チョコパイをお土産にしよ

no image
クリスタの体験版すげーなー

こりゃーすごい。 優良なイラストソフトのクリップスタジオが30日

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑