*

子どもの工作「ひらめき工房」

公開日: : 最終更新日:2013/11/17 子育て , ,

IMG_2560

子どもが工作に興味を持ち始めた。どうやらNHKで放送している『ノージーのひらめき工房』ってゆう番組に影響を受けているみたい。

■ノージーのひらめき工房
WS000066

ぼくはまだ番組を一度しか見てないんだけど、着ぐるみのノージーが子どもたちと一緒に身近な材料でできる工作を紹介しているような感じ。
ぼくが録画で見たのは、お母さんが料理をしているのを見て憧れた子ども達が、紙やプラスチック容器を使いながら食べ物を作っていくってゆうもの。

なるほど。
だから最近うちには折り紙でできたアイスがいっぱい転がっているんだな。

■アイス
IMG_2561

ノージーではガチャガチャのカプセルに紙を詰めて丸くしていたけど、うちでの作り方はカラーボールを折り紙で包むだけ。

■アイスの中身
IMG_2562

元々色がついているボールを折り紙で包むのは意味がないように見える・・っていうのは大人の感覚なんだろうなあ。子どもにとってはやる事が大事であって、やる前とやった後がどうだっていうのを考えてたら何もできないよね。

次は、その番組で「のりマスター」が使っている「でんぷんのり」がめっちゃ気になるみたいで、ダイソーで買ってきたらものすごい喜びようだった。
でんぷんのりってまだあるんだーって思ったけど、触って使えることが子どもには大事なんだろうな。

■ノージーの登場人物
WS000067

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

関連記事

妖怪ウォッチは定価3450円で買えるまで待とうよ

妖怪ウォッチ零式が発売されたが、相変わらず旧式も含めて手に入りませんね。 Amazonで見てみ

記事を読む

「七歩蛇(しちほだ)」ようかいしりとりの妖怪画像(手書きイラスト)

しちほだは名前の通り、へびです。 なんで七歩蛇かっていうと、この蛇に噛まれるとその猛毒で7歩あ

記事を読む

「だいだらぼっち」ようかいしりとりの妖怪画像(手書きイラスト)

ダイダラボッチは、日本の各地で伝承される巨人である。 ふむ。 だいだらぼっちは巨人なのだ

記事を読む

no image

生まれてから小学生くらいまでの子育て要点メモ。いい事書いてるな!

子育てについてのメモが見つかった。 これは子どもが生まれると分かった時に、片っ端から育児関係の

記事を読む

「アンパンマンはじめてのらくがきデスク」これは使える。描いて消せるボードのデスクタイプ

もうすぐ4歳となる息子が段々と絵を描けるようになり、ちゃんと人の顔らしきものを表現できるようになって

記事を読む

「けらけらおんな」ようかいしりとりの妖怪画像(手書きイラスト)

倩兮女(けらけらおんな)は、鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』にある日本の妖怪。 着

記事を読む

冬の娘リッカロッカ - NHKこんげつのうた

冬の娘 リッカロッカ(NHKおかあさんといっしょ) - Single250円(2014.01.11時

記事を読む

じゃくじゃくあまのじゃく - NHKこんげつのうた

おかあさんといっしょのあまのじゃくがかわいい。 この簡単なフォルム・・描きたくなるが、これじゃ逆に

記事を読む

no image

けん玉は一日にしてならず

とりあえず一週間くらい毎日けん玉続けてます。 一日休んだら自分にわかる。 二日休んだら批評家

記事を読む

no image

おばけのやだもん

おばけのやだもんっていう絵本。 おばけのやだもんposted with ヨメレバひらの ゆきこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑