*

俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方

公開日: : 最終更新日:2013/10/05

51fGQIKYcVL._SS400_

 ブックオフ創業者であり、「俺の~」で飲食業界に革命を起こしたと話題になっている坂本孝さん。勝手なイメージで、「俺の」っていうのはイコール「坂本氏の」ってことだと思っていた。要するに、金持ちの道楽的に自分が好きな高級料理を赤字覚悟で安く振舞いますよってもんだろうと。

 それが、この本によると「俺の」という名称はネーミング会議にて「日本っぽい」「親しみやすい」名称できまったとのこと。
 というかそもそもの話、坂本氏自身がグランメゾンと呼ばれるミシュラン三ツ星レストランを大好きなわけでもなく3万円のフルコースよりも吉野家・・という方のようなので、ぼくの中の勝手な坂本氏イメージは崩れ去りました。


 ホリエモンに対しても同じように思っていたけど、やはりメディアによる評価というか色づけはなかなか拭えないものがあるなと。「俺の」については、以前何かの記事で「俺のイタリアン」のスタッフが疲弊しているようだった、というのを見かけて、ぼくの中でスタッフは低賃金で酷使されているということに脳内転換していただけかな。
 立ち飲み、ということを前提にして考えれば店内が落ち着かない環境であることも許容だと思うし料理の出てくる順番がどうこうってことは関係ないんだろうね。ぼくもフレンチとかちゃんとしたところを知らないから、全然気にならない。きっとそうゆうのがターゲットなんだろう。

 客単価3,000円で高級食材を扱っても利益が出る仕組みにしたこと、そしてそれを実現する人を集める力はすごい。電子書籍でもさらっと読めちゃうような本だけど、このビジネスモデルに至るまでとか、その苦労なんかも感じられた。
 そしてところどころに出てくる稲盛フィロソフィー。坂本氏は盛和塾生で、稲盛氏を崇拝している様子が窺える。さいきん稲盛氏の「生き方」を読んだばかりだから、それを受けての実行を傍観できるって考えると面白い。

 英国屋で仕立てたスーツをその質の良さや価格だけを見て着るのか、伝統を知ってその歴史の重さを感じて身に纏うのかで、同じものでも全く違ったものになるって話を聞いたけど、本の読み方もこれと同じかもしれない。
 手に取る人によって、その本の価値は高くもなるし低くもなる。内容も、読み方次第で浅くもなるし深くもなる。「俺の」とはかけ離れるけど、英国屋のスーツを着てグランメゾンで食事をする、その域に早く達したい。「俺の」は素晴らしいビジネスモデルかもしれないけど、そこで満足する顧客にはなりたくないな、と。そんな感じ。とかいいつつサイゼリヤのエスカルゴ(399円)食べたくなってきた(笑)

関連記事

41eQh27dcFL._SL160_

金運をあげたいなら、まずは筆跡を変えろ!『筆跡を変えればお金が儲かる』

書店をふらふらしてたら、タイトルで気になった本。 『筆跡を変えればお金が儲かる──お金の超プロが教

記事を読む

no image

レバレッジ人脈術

「人脈をつくる」とか「SNSコミュニケーション」とか、そういった類の本や情報商材って基本的に

記事を読む

no image

日中の行動が睡眠の質を改善する

スパッと気持ちよく目覚められない朝が続いています。もたみぃです。いつも大体5時(前後10分くらい)に

記事を読む

no image

目的はなんですか。何分かかりますか?–P&G式 10の習慣

目的はなんですか? 何分かかりますか? --常にこんな思考で仕事をすることが習慣化されていれば

記事を読む

no image

NLPの入門書『マンガでやさしくわかるNLP』

今週はやる気でない日が続きますなー。暑さもそれほどじゃないけど、この中途半端な夏の感じがより一層ぼく

記事を読む

no image

かいけつゾロリちきゅうさいごの日で隠れているゾロリママ

かいけつゾロリ本をそこそこの勢いで読み続けています。 そこで気になったのは、この『かいけつ

記事を読む

no image

山田詠美著『ぼくは勉強ができない』

ぼくの高校時代のバイブル的な本。久しぶりに読み返した。高校までは推理小説とかライトノベルなん

記事を読む

no image

非凡な才能よりも続ける努力・・だけど非凡な才能は必要なんだよね【自助論】

通勤中の読書でサミュエル・スマイルズの自助論を読み始めた。 さいきんは日本の書籍ばかり読んでいたの

記事を読む

no image

第149回芥川賞受賞作「爪と目」

 第149回芥川賞受賞作の『爪と目』(藤野可織著)を読んだ。  著者の藤野さんは198

記事を読む

no image

今まで読んだ中で一番好きな本を教えてください

うーん、なんだろうなあ。 タメになる本って言ったら、『影響力の武器』だなあとは思うんだけど。この本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
マクドナルドの怠慢

それは夜の22時頃。 仕事帰りにマックで三角チョコパイをお土産にしよ

no image
クリスタの体験版すげーなー

こりゃーすごい。 優良なイラストソフトのクリップスタジオが30日

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑