*

親の器

公開日: : 最終更新日:2015/05/10 子育て

子どもの育て方について真剣に考えると、自分が出来なかった事をさせてあげたいとか、賢くて運動が出来てコミュニケーション能力高くて人気者にしたいとか思いますよね。

だけど、それは自分が勝手に良いなって思っているだけ事で、子どもからすると全然求めていないことかもしれないなと。事実そうだと思います。

その価値観自体が親のものだから、子どもにとってみれば賢くなる事も運動出来る事も人気者になる事も幸せではないのかもしれない。
勉強がものすごく嫌いかもしれないし、運動するのが気持ちいいって思えないかもしれないし、目立ちたくないのかもしれない。

それを勝手に押し付けながら、なんで出来ないの!?って叱るのは理不尽なものですよなあ。

良い子にしたいっていうのも、親のエゴですよね。子どもにとっては良い子になるのがなんでいいのか全く分からないと思う。親に怒られなくなる以外にはまったくメリットないし。

だから自分自身でも子どもが言う事聞かなくてムカつくのだけど、その度に嫌な親だよなあって思う。子どもの自由にさせてあげて、道を外れる時だけサポートしてあげたらそれでいいんだよね、きっと。

こっち側でどうやって道を整備しようとしたって、子どもはそんな道を歩きたいと思ってないし、自分自身で作った道じゃなければ、大人になって何も考えられないようになってしまうだろうから。

そういうことを頭で分かっていながら実践出来ないのは、器の小ささなのかな。自虐的に言うと。
大将の素質ってやつに・・・あこがれますなあ。

関連記事

no image

幼稚園児になったぼく

子どもの入園が近いせいか、ぼく自身が幼稚園児になってしまった。 しかもなぜか子どもの名前で呼ば

記事を読む

no image

子どもの皮は剥いてあげてください

朝から包茎についてじっくりと調べてしまった。 今では情報が氾濫しているから、正しい情報を探すのが逆

記事を読む

no image

生まれてから小学生くらいまでの子育て要点メモ。いい事書いてるな!

子育てについてのメモが見つかった。 これは子どもが生まれると分かった時に、片っ端から育児関係の

記事を読む

真鶴(まなづる)の岩海水浴場で子どもと泳ぐ

4歳の我が息子と初めての海。 真鶴の岩海水浴場に行ってきた。「まなづる」って読むんだね。しんかく?

記事を読む

今や粘土はこむぎだから口に入っても大丈夫なんですよ

西松屋にて粘土を購入しました。 ノージーのひらめき工房で前にやっていたらしく、子どもが粘土やりたい

記事を読む

ウタマロ石けんすごい、子どもの泥汚れはこれで楽チン

子どもが幼稚園とか小学校に入ると、どうしても泥汚れ出るんですね。 汚すなって言ったってあん

記事を読む

no image

サイゼリヤの間違い探し

子どもとサイゼでディナーを楽しんでいたときのこと。 うちの子は食べるのが滅法遅いので、先に食べ

記事を読む

no image

竹馬に注目しています

知っていますか? 竹馬に乗っていると姿勢が良くなるらしいんですよ。 昭和の子どものあぶない遊

記事を読む

no image

かいけつゾロリシリーズ

子どもが急にかいけつゾロリにハマりました。 結構シリーズ長いんで、勢い良く読破してもまだまだ未

記事を読む

no image

「ブンバ・ボーン!」おかあさんといっしょの体操がリニューアル

子どもが生まれてから長年親しんできたぱわわぷ体操もおしまいです。 家に帰ってきたら、嫁に「なんと!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

PAGE TOP ↑