*

目的はなんですか。何分かかりますか?–P&G式 10の習慣

公開日: :

目的はなんですか? 何分かかりますか?

–常にこんな思考で仕事をすることが習慣化されていれば、必然的にムダは省けるようになってくるし、その分考えるべきことにしっかりと時間が使えるようになるんだろうと思った。

これは『1年で成果を出す P&G式 10の習慣』の冒頭に書いてあったことですが、P&Gでは何事もまず「目的は?」から入るそうです。書類もそうだし、会話も、会議も。目的意識を全社員が持っている会社だったら、絶対強いですよね。その点、日本的な企業になればなるほどぶれてくる気がします。「なあなあ」になると言ったほうが近いかもしれません。

会議の目的を見失って枝葉末節の話でヒートアップするとか、自己満足でやたらと字が小さい詰め込み式のプレゼン資料とか。ぼくたちが社内メールで「お疲れ様です」なんて入力している間に、彼らは「このメールの目的は・・です」って言っちゃえるんですよ。最初に目的が書かれていれば、誤って途中でメールが送られても大体の意味が伝わるんじゃないでしょうか。それに比べると、お疲れ様です。・・部の・・です。じゃあ何も伝わりませんよね。

まあ他の部分を見てもP&Gの習慣は外資らしいというか、合理的というか。たとえ来客中であっても、昼休みと就業時間後は強制的に照明が落とされるそうです。メリハリをつけて仕事をするってことですよね。就業時間内に最大のパフォーマンスを発揮させるために、目的意識を根付かせる。すごく合理的です。

でもこうゆうのって、真似をしていればそれだけでもある程度できるようになっちゃうような気がします。多くの会社では「へぇそうなんだ。あっちの会社はすごいね」で終わるので変わらないでしょうけど。習慣化するための意識というか、考え方ですよね。稲盛さんも仕事の成果は「考え方×熱意×能力」って言ってますから。しかも考え方次第ではプラスにもなるし、もしかしたらマイナスがつくこともあると言っています。つまり考え方が間違っていれば、どれだけ熱意や能力があっても負の成果にしかならないってことですね。

なのでこの考え方をしっかりとつくるためにどうするかっていうのが組織を強くするためには重要になるんですね。そうするとP&Gでは常に「目的は?」と考えさせることによってスタッフを教育しているとも言えそうです。

こうした企業に勝とうとするなら、徹底的に真似して同じレベルに持っていくか、あるいは全く反対の方向で攻めるかじゃないかと思います。合理化ばかりで忘れられがちな「心」の部分ていうんでしょうか、日本人的な配慮というか。新たなパイをどんどん取りに行くのではなくて、ひとつのパイをゆっくりと食べて長生きできるようにしましょうという考え方です。

企業存続という目的からすれば、必要以上の発展をしないという生き方も当然ながらアリですよね。それも会社の考え方次第なのではないでしょうか。

このあたりがどっちに行くのか明確でない会社だと、中身がふらふらしてまとまらないんですよねえ。正直、いまの会社にいると言い知れぬ不安が襲ってくることがあります。「これでいいのか?」っていう。
P&Gとか、はたまた新進気鋭のベンチャーとか、まったく違う環境の会社が日々どんな風に動いているのか、どんな人たちが働いているのかすごく興味があります。
どうやったらそういう企業の内部が覗けるんだろうか。やっぱり働いている人に聞くしかないのかなあ。自分の目で確かめるとしたら、働いてみるってことになりますよね。

関連記事

no image

営業の魔法-この魔法を手にしたものは必ず成功する

営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する posted with カエレバ

記事を読む

no image

レバレッジ人脈術

「人脈をつくる」とか「SNSコミュニケーション」とか、そういった類の本や情報商材って基本的に

記事を読む

no image

最近のブックオフの値づけってこんな感じか

このごろよくブックオフに行くのだけど、ある複数の店舗で105円~200円という棚が。ブックオ

記事を読む

no image

日中の行動が睡眠の質を改善する

スパッと気持ちよく目覚められない朝が続いています。もたみぃです。いつも大体5時(前後10分くらい)に

記事を読む

no image

かいけつゾロリちきゅうさいごの日で隠れているゾロリママ

かいけつゾロリ本をそこそこの勢いで読み続けています。 そこで気になったのは、この『かいけつ

記事を読む

no image

今まで読んだ中で一番好きな本を教えてください

うーん、なんだろうなあ。 タメになる本って言ったら、『影響力の武器』だなあとは思うんだけど。この本

記事を読む

no image

第149回芥川賞受賞作「爪と目」

 第149回芥川賞受賞作の『爪と目』(藤野可織著)を読んだ。  著者の藤野さんは198

記事を読む

no image

非凡な才能よりも続ける努力・・だけど非凡な才能は必要なんだよね【自助論】

通勤中の読書でサミュエル・スマイルズの自助論を読み始めた。 さいきんは日本の書籍ばかり読んでいたの

記事を読む

no image

俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方

 ブックオフ創業者であり、「俺の~」で飲食業界に革命を起こしたと話題になっている坂本孝さん。

記事を読む

no image

「常識」の日本史

 井沢元彦さん著の『「常識の」日本史』、歴史について書かれた本を読んでこんなに内容が腑に落ち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
マクドナルドの怠慢

それは夜の22時頃。 仕事帰りにマックで三角チョコパイをお土産にしよ

no image
クリスタの体験版すげーなー

こりゃーすごい。 優良なイラストソフトのクリップスタジオが30日

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑