*

裁判の怖さ

公開日: : 最終更新日:2015/05/10 日常の気づき

裁判について色々調べていたら、起訴された場合の有罪率は99%を超えるってことが分かった。

これって驚異的な数字ですよね。あまり意識したことなかったけど。

つまり、自分やってないよ?って思っても、起訴されたらその時点で有罪は確定しているのとほぼ同じようなものだと。だからテレビとかでも、罪を認めて情状酌量を狙った方がいいって言うんですね。

ホリエモンみたいに自分がおかしいと思った事を認めずに、情状の余地なしで刑務所へ・・っていうのはある意味カッコいいと思うけど、真似はできないとも思うね。

自分に嘘ついたらいけないのは分かるけど、それは一生残っちゃうけど、刑務所に行くのは辛いよねえ。そりゃあ身に覚えがあったら別だけどさ。えん罪で刑務所暮らしは耐えられるだろうか。

法治国家である以上、最もマトモじゃなきゃいけない機関の割には、検察って悪いイメージが強いですよね。

昔の寺院とか教会なんかも力を持てば持つほど腐っていたわけだから、その点に似たようなものか・・という考えもあるけどね。残念ながら。

これは個人では太刀打ちできないのだろうなあ。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

関連記事

no image

幸運スパイラル

歴史に興味があるって思いながら、ちゃんとした学習をしない日々が続くぼく。 あるある詐欺だこれは。

記事を読む

no image

睡眠アプリとかいう快眠ツール

嫁に「おやすみ3秒」などと言われて悩みがないように扱われるぼくですが、それでも自分の中では眠れなくて

記事を読む

no image

歩き方のルールを提案しようじゃないか

スーパーとか街中を歩いていると正面から歩いてくる人とぶつかりそうになることありますよね。 この

記事を読む

no image

進んでいる道が正しいのか不安になる

物事を進めて、ある程度形になったかと思うと次にやってくるのが停滞感と挫折なんだよね。 最初の障害を

記事を読む

no image

運気を高める答えは風水でした

運気っていうのは自分自身で高めていくものですね? そうですね。 でも、住んでいる部屋が運気を下

記事を読む

no image

ACの中づり広告が心にグサッと刺さった

「ねぇ、ボクのぶんは・・?」 電車の中で思わず目を止めた広告があった。おやおやなんだこれは。

記事を読む

no image

節分に落花生というのは地方習慣

豆まきといえば落花生・・・と思って生きてきた人も多いですよね!? これって地方的な習慣で、普通

記事を読む

no image

なぜ金には価値があるのか、どうしたら金の価値に気づけるか(三越本館の大黄金展で金運を上げてきました)

三越本店で開催されている(2013年7月10日~15日)大黄金展に行って、金に触れてきました

記事を読む

no image

お金を稼ぐにはどうするか?

1.はたらく うん・・これはそうだけど、これだけじゃつまらないよね。 2.仕事をかけもち

記事を読む

no image

GKBR対策! これで撃退間違いなし!!

夏の暑さのせいか、朝外に出た瞬間に見たくないものが飛び込んできた。35度超えの日が続いたからなのか最

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑