*

坂の上の雲で日本軍人のイメージが変わる

公開日: : 最終更新日:2015/05/10

旧時代的な精神論だけで突っ走っていたようなイメージのある明治の日本人。
ちょっと歴史の本を読むとそれだけではなかったことがよくわかる。

もちろん、歴史文献での知識であって本当にその世代で生きていた人たちの生の姿はわからないのだけれど。

どうやら昔の日本人、軍人は能力が高い。というか、いまのエリートなんか比べ物にならないくらいの超エリートばかりだったっぽい。多国籍の言語を操って、文学やら戦術やらにも精通していて社交術にも長けていたり。そんなヒーローみたいな人間が何人も存在していたってところが信じられない話ではある。

日本人って天皇万歳って言いながら銃剣で大砲に突っ込んでいくだけではなかったんですね。

いや、かなりうがった見方をしていたわ。

戦争についても、太平洋戦争あたりのゲリラ戦略的な汚い日本軍的イメージが強いんだけど、日露戦争の頃はものすごい合理的でレベルの高い戦闘能力を持っていたんですね。残念ながら国にお金がなくて装備が十分だったとは言えないところがあったようですが。

それでも優秀な大将がいて、天才的作戦家や死を恐れない兵士がいて。人的な部分では世界でも稀に見る強国だったんじゃなかろうか。今の日本人でもその血は受け継がれて・・いるのかな?

戦争はただの人殺しに違いはないのだけど、いや美化するわけではないけど、組織的営みの究極的なところがあるのかなと思う。

もちろん平和に暮らせるのが一番だし、世界平和を地でいきたいですけどね。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

関連記事

no image

ものごとを継続する方法「続ける技術(石田淳)」

「続ける」技術 posted with ヨメレバ 石田 淳 フォレスト出版 20

記事を読む

金運をあげたいなら、まずは筆跡を変えろ!『筆跡を変えればお金が儲かる』

書店をふらふらしてたら、タイトルで気になった本。 『筆跡を変えればお金が儲かる──お金の超プロが教

記事を読む

no image

アルケミスト - 夢を旅した少年

さいきんものすごく良い本に巡り合えた。 アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフ

記事を読む

no image

「常識」の日本史

 井沢元彦さん著の『「常識の」日本史』、歴史について書かれた本を読んでこんなに内容が腑に落ち

記事を読む

no image

日中の行動が睡眠の質を改善する

スパッと気持ちよく目覚められない朝が続いています。もたみぃです。いつも大体5時(前後10分くらい)に

記事を読む

no image

運を育てる~肝心なのは負けたあと~

『運を育てる』 米長邦雄  将棋界で名人にもなった著者を知らなかったという自分の無知は

記事を読む

no image

第149回芥川賞受賞作「爪と目」

 第149回芥川賞受賞作の『爪と目』(藤野可織著)を読んだ。  著者の藤野さんは198

記事を読む

no image

ボジョレーヌーボー解禁日はただのワインを飲む日に変わったらしいよ

毎年11月と言えばボジョレー、ボジョレー。 あっちもこっちもボジョレーだったのに、今年はトーン

記事を読む

no image

お金が欲しい、欲しい、欲しい

金 金 かね カネ kane gold ・・・ って思ってたらわいてこねーかなー。 ここで、

記事を読む

no image

俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方

 ブックオフ創業者であり、「俺の~」で飲食業界に革命を起こしたと話題になっている坂本孝さん。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑