*

舌磨きはものすごい効果あるね

公開日: : 日常の気づき

舌磨き。

味蕾を痛めてしまうからあまり良くないとも聞きます。ちなみに、味蕾(みらい)ね。つまり舌磨きを遣り過ぎると、味がよく分からなくなってしまうってこと。
本当かどうかはわかりまへん。芸能人の話題で一時期流行ったよね、タモさんあたりがよく話していたからかな。

料理人は舌が命だから、ためらいがちだったんだけど。いや別に料理人じゃないけど。
一流のお店で食べる機会があったときに、ちゃんと料理を味わえないと嫌だなーって思ったりしてね。ガックンみたいに違いが分かる男になりたいじゃん。

だけど、毎朝なんか口の中がモヤモヤしているのも微妙なもんで、舌の半分から先のところくらいはいつもシェコシェコしてた。うちで使っているドルツのブラシ裏側は舌磨き用になっているのでね。

ただ、いくら磨いてもモヤモヤ感がすっきりしないし、においが残っているなーと思っていたわけで。舌磨きってあんまし意味ねーよなーと思っていたわけで。いやはや、早とちりでした。

なんだか今日はふと思い立って、舌の真ん中から奥に手を出してみた。
普段はこの辺、気持ち悪くなってできないんだよね。朝からオエってなりたくないじゃん。勢いでゲロはいちゃいそうになるし。

ところが・・

舌の真ん中を磨いているのとそうじゃないのは全然違う事に気がついた。

モヤモヤ感も口のにおいもまったくしない! ちょースッキリ!! なんてこった。

みなさん、舌を磨く時は先っちょじゃ駄目なんですよ。
ちゃんと中程から奥の方まで磨いちゃいましょう。でも料理人は十分に注意してね。一般人はどうせ味がわからんでしょ。マックとか吉野家とかサイゼリヤしか行ってないなら、味の違いなんてわかる必要ないしねー。あれ、自分の事かな?www

関連記事

no image

「月が綺麗ですね」という粋な告白とその返し方

// // これは超有名なフレーズらしく、こんなやりとりがあった。 ぼく 「今日は

記事を読む

no image

うがい手洗いもしすぎはよくない

何事もやり過ぎというのはよくないもので。 こと手洗いうがいに関しては、やり過ぎじゃないですか?なん

記事を読む

心の余裕ってどこから来るか知ってますか

さいきん弘中勝さんのメルマガビジネス発想源で、ファミレスのお子様ランチがめちゃくちゃ不味いって話を読

記事を読む

no image

やるべき事を毎日継続するためには

ひとつ気づいたことがあるのだが。 これは前にも気づいたかな? まあいいや。 いつもトイレ掃除

記事を読む

no image

日々の努力を続ける極意とは・・?

毎日欠かさずに継続している事を増やせば増やすほど、人間として成長できるのではないだろうか。 なんて

記事を読む

no image

なにかに思い悩んだらお風呂がいいよ

ふーっ。お風呂に入るとスッキリするなー。 忙しくて考えられない時ほど、あえてゆっくりお風呂に浸かる

記事を読む

no image

ニノのドラマはいいけど大野君の死神はないな

金曜のこの時間帯は結構期待していたんだけどね。 いやー残念な死神団になってしまったものだよ

記事を読む

no image

進んでいる道が正しいのか不安になる

物事を進めて、ある程度形になったかと思うと次にやってくるのが停滞感と挫折なんだよね。 最初の障害を

記事を読む

no image

よく寝て良く考えたら自分の思うように生きようと思った

風邪引いてしまったようだったので、とにかく寝る事を優先させてみた。 そしたら、ものすごい調子よい。

記事を読む

no image

なぜ金には価値があるのか、どうしたら金の価値に気づけるか(三越本館の大黄金展で金運を上げてきました)

三越本店で開催されている(2013年7月10日~15日)大黄金展に行って、金に触れてきました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

PAGE TOP ↑