*

基本のキ『リップロール』(なんちゃってボイトレPART5)

公開日: : 最終更新日:2015/06/04 歌の特訓

子猫「そういえばブログみたよ」

ぼく「身内に見られるとなんか恥ずかしいな」

子猫「ボイトレ、肝心のことが抜けていたね」

ぼく「えーーと、、、なんだっけ?」

子猫「裏声の前に教えたと思うんだけど」

ぼく「毎日音階の練習をするってこと?」

子猫「それは裏声のとこにも書いてるじゃん」

ぼく「じゃあ、なんだろ」

子猫「ほらこれ。ぶるるるるるるるるるっ」

ぼく「ああ! ぶるるるるる」「これかっ!!」

子猫「そうそう、これは最も大切」

ぼく「基本のキだね」

子猫「そ。リップロールです」

ぼく「これが最初の頃なかなかできなくてね」

子猫「自転車に乗るみたいなもので慣れちゃえば当たり前なんだけどね」

ぼく「そうなの、今じゃこんなにできる。ぶるるるるるるるるる」

子猫「たしか最初は歯を開いてたんだよね」

ぼく「そうそう。口の中で噛み合わせてなきゃできないんだよね」

子猫「なんでできないのかと思ったよ」

ぼく「いくら唇の端を押さえても息がもれてくだけでね」
  「いまや歯を開いててもできるようになったけどね」

子猫「振動するっていうのがわかんなかったんだよね?」

ぼく「そう、いくらやっても振動しなかったの」

子猫「今くらい慣れてきたら、今度は音階つけてやるといいよ」

ぼく「音階って、ドレミファ?」

子猫「そう、ちょっと難しいかな。でもこれがかなり練習になるのよ」

ぼく「音階の練習は毎日やってるから、リップロールやりつつできたら一石二鳥だね!」

子猫「練習あるのみ! 頑張れ!!」

PART1 歌は裏声で歌う
PART2 歌声を安定させる
PART3 さらに上を目指す
PART4 感情を表現する

関連記事

no image

歌声で感情を表現する(なんちゃってボイトレPART4)

子猫ちゃんを先生にして、歌のレッスンを受けてきたぼくですが、どうも最後の壁を越えることができずに伸び

記事を読む

no image

僕は歌の歌い方を知らなかったといっても過言ではなかった(なんちゃってボイトレPART1)

そうなんです。 昔から歌が問題で・・・。それは音感もさることながら歌い方にあったのだと言う事に

記事を読む

no image

歌声を安定させる(なんちゃってボイトレPART2)

歌の歌い方、前回に続いてパート2です。 前回、子猫ちゃんのレクチャーにより裏声(歌う声)を知り

記事を読む

no image

普通から先を目指す(なんちゃってボイトレPART3)

PART1では歌声(裏声)を身につけ、PART2ではその声を安定させる練習法を知り、着実に伸びてきて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

PAGE TOP ↑