*

日中の行動が睡眠の質を改善する

公開日: :

スパッと気持ちよく目覚められない朝が続いています。もたみぃです。いつも大体5時(前後10分くらい)に起きていて、一時期はアラームが鳴る前に目が覚めていられたんだけどなあ。4時50分から10分おきに3~4回くらいアラームを設定しているので、ぜんぜん起きれないと周りには相当迷惑かけていると思います・・すみませんm(_ _)m

寝付く時間は前から変わらず10時すぎくらいなんですけどね。そんな状態が続いているから、日経の広告で『朝昼夕3つのことを心がければOK! あなたの人生を変える睡眠の法則』っていう本を見て気になっていて、ちょこっと立ち読みしてきました。このときは荷物を増やしたくなかったから買わなかったけど、内容からすると買ってじっくり読みたい本です。ちなみに、著者は脳のリハビリテーションを行ってきたという作業療法士の菅原洋平さん。

結構この類の本って、そんなことはわかっているけどできないんだよ! 的なパターンにはまっていることが多いんですよね。ところがそうじゃなくて、立ち読みなのについついのめりこんじゃいました。

いま手元に本がないので正確な言葉じゃないのはご勘弁いただきたいのですが、この本によると、睡眠の質がよくないのは日中の過ごし方に問題があるそうです。その中でもぼくがフックされたのは、「日中の気持ち(モチベーション)」の部分と「朝昼夕それぞれ5分間の習慣」についてです。

それ以外のところもきっともっとちゃんと読めば面白いんだろうけど、細かい説明までは流石に読めなかったので、わかりやすいところだけ拾って読みました。

●「日中の気持ち(モチベーション)」

こちらは結構最初の方に書いてあってオオっと思ったんですけど、人が一番やる気を感じるときはどんなときでしょうと言う問いに次のような3つの選択肢が用意されています。
(1)既存の取引先と既存の案件について打ち合わせる。
(2)既存の取引先に新規事業を提案する。
(3)新規の取引先に新規事業を提案する。

実際にはちょっと言葉が違っていましたが、大体こんな感じ。それで、多くの人が選ぶのは(3)だということです。これは新しいことへのチャレンジという興奮状態らしく、たしかに一時的にやる気が高まっているように感じるものの、ストレス状態が大きくて継続するのが難しい状態です。

それに比べて、(2)の状態は取引先は知っていて、内容は新しいことという既知と未知が半々の状態になっているので、最もモチベーションが向上して維持できる理想のバランスだということです。人間は自分の知らないこと、新しいことをやろうとするとその分ストレスを感じるんですね。そして自分が知っていることやすでにできることは安心感があるけれども、慣れてしまっていて退屈だと感じます。
ぼくもさいきんは新しいことばかりだったので、それで朝が辛いのか! っていう気持ちになりました。

●朝昼夕それぞれ5分間の習慣

こちらは良い睡眠を得るための習慣づくりですね。ただし、これを始めたからと言ってすぐに結果が出るものではなく、継続することで意味が出てくるそうです。どれも非常に簡単。

1.朝起きたら4時間以内に5分間外をみる。(天気に関係なく)

2.昼の時間、起きてから6時間くらい(かな?)に5分間目を閉じる。

3.夕方(起きてから11時間くらい?)に5分間良い姿勢を保つ。

簡単にいうと、これだけです。本当は10分~15分の昼寝がいちばんいいらしいですが、その時間だけちょうどよく寝れるか? ってぼくはいつも思っていたので、目を閉じるだけっていうのはやりやすいですよね。昼休みもついニュースサイト見てたりスマホいじったりしちゃうので、早速5分間の視界遮断を取り入れます。

良い姿勢については、座った上体でいいそうですが肛門に力を入れて肩甲骨を下げるようにするのがコツだそうです。これも簡単ですね。っていうかいつも姿勢悪いから常に意識してたいくらいです。

ここでは省略しましたけど、こういったことについて脳科学的な根拠とか説明も色々書いてあったように思います。これ以外にも役立つ内容がありそうなので、ぜひ読んでみてください! ぼくもちゃんと購入します(笑)

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

関連記事

no image

俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方

 ブックオフ創業者であり、「俺の~」で飲食業界に革命を起こしたと話題になっている坂本孝さん。

記事を読む

no image

かいけつゾロリちきゅうさいごの日で隠れているゾロリママ

かいけつゾロリ本をそこそこの勢いで読み続けています。 そこで気になったのは、この『かいけつ

記事を読む

金運をあげたいなら、まずは筆跡を変えろ!『筆跡を変えればお金が儲かる』

書店をふらふらしてたら、タイトルで気になった本。 『筆跡を変えればお金が儲かる──お金の超プロが教

記事を読む

no image

アルケミスト - 夢を旅した少年

さいきんものすごく良い本に巡り合えた。 アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフ

記事を読む

no image

坂の上の雲で日本軍人のイメージが変わる

旧時代的な精神論だけで突っ走っていたようなイメージのある明治の日本人。 ちょっと歴史の本を読むとそ

記事を読む

no image

山田詠美著『ぼくは勉強ができない』

ぼくの高校時代のバイブル的な本。久しぶりに読み返した。高校までは推理小説とかライトノベルなん

記事を読む

no image

「常識」の日本史

 井沢元彦さん著の『「常識の」日本史』、歴史について書かれた本を読んでこんなに内容が腑に落ち

記事を読む

no image

第149回芥川賞受賞作「爪と目」

 第149回芥川賞受賞作の『爪と目』(藤野可織著)を読んだ。  著者の藤野さんは198

記事を読む

no image

最近のブックオフの値づけってこんな感じか

このごろよくブックオフに行くのだけど、ある複数の店舗で105円~200円という棚が。ブックオ

記事を読む

no image

NLPの入門書『マンガでやさしくわかるNLP』

今週はやる気でない日が続きますなー。暑さもそれほどじゃないけど、この中途半端な夏の感じがより一層ぼく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑