*

ウーパールーパーの糞と息子の・・

IMG_2611

前にも書いたウーパーの糞記事。このときは固形餌みたいな可愛らしい糞でしたがサイズが結構変わったかな。水でふやけているせいもあるとは思うけど、逞しい糞をするようになったものだなあと、なんとなくね。

うちの息子も負けじと(?)なかなか立派なうんこを出すけど。可愛らしいのは、まだ自分でお尻を拭けないから、「パパ、うんこ出たー!」ってトイレから大声で叫んで報せてくれることかな。

それで見に行くと、大人顔負けの立派な成果物がごろんっと便器の中にあって、息子はというと、壁に手をつき拭かれるための万全の体勢で待っててくれる。のんびりくつろいでるときに呼ばれて、たまに面倒臭いなあと思って行くんだけど、その姿を見ると無性に愛くるしくなっちゃうんだよなあ。可愛い息子よ。

そんな可愛い息子のさらなる可愛らしさを今朝発見した。

先日の台風26号によって上陸の前日は全身びしょ濡れの帰宅になってしまったわけだけど、ぼくが家についてから革靴の中にキッチンペーパーを丸めて突っ込んでいるのを見ていた息子。隣で興味津々にしていたなあとは、たしかに感じていた。

その結果というか・・

IMG_2616

こういうことになったらしい。
サンダルにも・・(笑)
IMG_2615

いや、お前は濡れてないだろ? っていう突っ込みと、サンダルにはいらないだろ? っていう突っ込みと、チラシを丸めて入れてどうする? っていう突込みとか・・。

真似したい年頃なんだろうね。その気持ちはなんとなーく、わかるけどさ。

おかげで今日は朝からすごくほほえましい気持ちになった。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

関連記事

no image

こんな世界をつくっているのはだれなのか?

金持ちは金持ちとつながるし、貧乏人は貧乏人のコミュニティに所属するっていうよね。 だからさ、貧乏が

記事を読む

no image

名前の由来

グリコってなんでグリコなんだろうって思って調べてみたら、グリコの公式ページになぜなにコーナーっていう

記事を読む

no image

子どもの皮は剥いてあげてください

朝から包茎についてじっくりと調べてしまった。 今では情報が氾濫しているから、正しい情報を探すのが逆

記事を読む

no image

おばけのやだもん

おばけのやだもんっていう絵本。 おばけのやだもんposted with ヨメレバひらの ゆきこ

記事を読む

no image

ウーパーのイラスト描いたった

すっかり元気になったのか、前以上に調子よく泳ぎ回るウーパーのシリウスがかわいくてかわいくて。

記事を読む

no image

ウーパーの成長が著しい

ちょっとうちのウーパー、シリウスくんの成長が著しい。つい2~3日前にも大きくなったなあって思

記事を読む

no image

ウーパールーパーの体長が12センチに

どんどん成長していくうちのウーパールーパー、シリウス。ちょっと撮影を放っておくとあっという間

記事を読む

no image

子どもが初めて洋画を見続けた・・チャーリーとチョコレート工場

金曜ロードショーにて。 宮野真守さんのウォンカに興味津々でついつい見てしまいました。 いつも

記事を読む

no image

けん玉の重み

淡々とモシカメを日々続けていて思う事には、段々とその重みがなじんでくるということですよね。 最

記事を読む

「だいだらぼっち」ようかいしりとりの妖怪画像(手書きイラスト)

ダイダラボッチは、日本の各地で伝承される巨人である。 ふむ。 だいだらぼっちは巨人なのだ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑