*

おばけのやだもん

公開日: : 子育て

おばけのやだもんっていう絵本。

なんかかわいらしい感じなんだけどさ。
やだもんって名前もいいし、子どもにはウケがいい、気がする。
何度も何度も読んで読んでってしつこいもんね。こんなにいい反応の絵本は、ぐりとぐら以来だな。
ぐりぐらも名作だけど、やだもんも名作ということだろうか。

しかし、このやだもん。

「やだやだ」って言っている子どもを見つけては、くっついてベロンチョしちゃう。変な意味じゃなくてね。
やだもんにベロンチョされた子どもは、なんと足がなくなってやだやだおばけになってしまいます。

物語が始まって、早速たろうくんとみっちゃんがおばけにされてしまいます。
それから、準主役のさっちゃんが登場。

さっちゃんも大概やだやだっつってるけど、なかなかおばけにならない。
すんでのところまでいったのに、なんとか足が透けてきたくらいでやだもんをはねのけた。

その後、やだやだ言わなくなったさっちゃんのおかげでやだもんの力が弱まるが、最初におばけにされてしまった彼らが人間に戻る事は・・もうない。

これって、わかるけど。わかるけど、救いがないなって気もするよね。
おばけになっても、改心してやだやだ言わなくなったら元に戻りたいよね。

でも一度おばけになっちゃったら戻れない、っていうのを見てて「怖いなー」って思うんだけど、子どもはそんなこと考えないのかな。あまり怖がってないみたいだ。

こういう絵本を読んで、「やだやだ」言うのをやめようって思ってくれたら健全なんだけどな。

今日も相変わらず、やだやだ言ってますよ。
やだもん、世の中にはまだまだ仕事がたくさんありますね。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

関連記事

クラフトおじさんはゴミ箱に住んでいます

クラフトおじさんがゴミ箱から飛び出てきたから、なんで捨てられてたことに突っ込まないの!? ・・・って

記事を読む

no image

けん玉の重み

淡々とモシカメを日々続けていて思う事には、段々とその重みがなじんでくるということですよね。 最

記事を読む

Amazonに価格の注意書きが・・

さすがに対応したんだね。 レビューへの低評価がものすごかったもんね。転売への文句で。

記事を読む

no image

子どもあるある「なぜか物がボロボロになる」

 こどものおもちゃを片付けていて、なぜこんな風になってしまったんだ・・・? っていうものをよ

記事を読む

no image

『スータラサットン』は伝説の生き物だったbyノージー

ノージーのひらめき工房を見ていたら、歌がスータラサットンに変わったみたい。スータ

記事を読む

no image

幼稚園児になったぼく

子どもの入園が近いせいか、ぼく自身が幼稚園児になってしまった。 しかもなぜか子どもの名前で呼ば

記事を読む

no image

園児の制服の泥汚れを徹底的に落とす

子どもが幼稚園に通いだして、いま一番の悩みは制服の泥汚れです。 そう思っている方は多いのでは?

記事を読む

no image

幼児の自転車練習に必要なもの。それはパパの根気強さですね。

運動センスのない子どもでも、ちゃんと練習すれば数時間で自転車に乗れるそうですね。 うちの子は特

記事を読む

「だいだらぼっち」ようかいしりとりの妖怪画像(手書きイラスト)

ダイダラボッチは、日本の各地で伝承される巨人である。 ふむ。 だいだらぼっちは巨人なのだ

記事を読む

no image

サイゼリヤの間違い探し

子どもとサイゼでディナーを楽しんでいたときのこと。 うちの子は食べるのが滅法遅いので、先に食べ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑