*

おばけのやだもん

公開日: : 子育て

おばけのやだもんっていう絵本。

なんかかわいらしい感じなんだけどさ。
やだもんって名前もいいし、子どもにはウケがいい、気がする。
何度も何度も読んで読んでってしつこいもんね。こんなにいい反応の絵本は、ぐりとぐら以来だな。
ぐりぐらも名作だけど、やだもんも名作ということだろうか。

しかし、このやだもん。

「やだやだ」って言っている子どもを見つけては、くっついてベロンチョしちゃう。変な意味じゃなくてね。
やだもんにベロンチョされた子どもは、なんと足がなくなってやだやだおばけになってしまいます。

物語が始まって、早速たろうくんとみっちゃんがおばけにされてしまいます。
それから、準主役のさっちゃんが登場。

さっちゃんも大概やだやだっつってるけど、なかなかおばけにならない。
すんでのところまでいったのに、なんとか足が透けてきたくらいでやだもんをはねのけた。

その後、やだやだ言わなくなったさっちゃんのおかげでやだもんの力が弱まるが、最初におばけにされてしまった彼らが人間に戻る事は・・もうない。

これって、わかるけど。わかるけど、救いがないなって気もするよね。
おばけになっても、改心してやだやだ言わなくなったら元に戻りたいよね。

でも一度おばけになっちゃったら戻れない、っていうのを見てて「怖いなー」って思うんだけど、子どもはそんなこと考えないのかな。あまり怖がってないみたいだ。

こういう絵本を読んで、「やだやだ」言うのをやめようって思ってくれたら健全なんだけどな。

今日も相変わらず、やだやだ言ってますよ。
やだもん、世の中にはまだまだ仕事がたくさんありますね。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

関連記事

no image

子どもの工作「ひらめき工房」

子どもが工作に興味を持ち始めた。どうやらNHKで放送している『ノージーのひらめき工房』ってゆ

記事を読む

no image

こどもの皮の話(続き)

一般的に男児のあそこの皮がどんな状態なのかはわかんないんだけどさ、前にも書いた通り、うちでは一度腫れ

記事を読む

ようかいしりとりの妖怪たちを描いてみたPART2

NHKおかあさんといっしょで大人気の「ようかいしりとり」。 一度頭に流れ始めるとなかなか消せないと

記事を読む

アタタタ! アタタタタタタ! みんなのリズム - NHKこんげつのうた

めずらしく見知った名前の作詞作曲ですね。 おかあさんといっしょの曲とかアニメーションっ

記事を読む

部屋に花を飾ってみた

「洗面所アラーム作戦」めっちゃ使えるわあ。 5分前に枕元のアラームで目を覚ましておくことがミソかも

記事を読む

no image

折り紙で動物やら昆虫やらを作れる

折り紙で動物をつくってみた。 最近のダイソーにはいろんなものが売っているよね。 昆虫をつくれ

記事を読む

no image

子どもの寝かしつけ

子どもの頃って9時まで起きてたら遅い方だったなーって記憶があったもんだから、子どもが生まれたらきっと

記事を読む

no image

赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょうか。 もちろん夜泣きだったり病

記事を読む

Amazonに価格の注意書きが・・

さすがに対応したんだね。 レビューへの低評価がものすごかったもんね。転売への文句で。

記事を読む

no image

子どもの皮は剥いてあげてください

朝から包茎についてじっくりと調べてしまった。 今では情報が氾濫しているから、正しい情報を探すのが逆

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑