*

「だいだらぼっち」ようかいしりとりの妖怪画像(手書きイラスト)

ダイダラボッチは、日本の各地で伝承される巨人である。

ふむ。

だいだらぼっちは巨人なのだな。
巨人というとどうしても、attack on titan・・・まあ進撃のアレが思い浮かんでしまう。
アニメ人気も高かったし面白いんだけど、やっぱりそれよりもコミックが最高だよね。

新人からのヒットだからか、絵の表現力(構図のわかりやすさみたいな?)にかける部分があって読んでてよくわからないところもあるんだけど、2~3回読むと理解が進んで細かいところに気づくことができる。で、その細かいところを見つけるのが楽しくなるというハマりかたになるわけですね。ハイ。
いやまあ細かいところを無視して、テンポよく読んでいても十分に楽しめる作品だけど。ただの流行モノの人気とは違くて、設定の細かさと物語に芯のある漫画です。

というただの進撃の巨人紹介でした。でも、これとジョジョリオンはマジで現在進行形の最高級に来てるのは間違いない。

・・・ってことで、今回描いただいだらぼっちには、ほんの少しばかりタイタンの影響を受けたところがあるかもしれません。ほーんの少し、ね。

daidarabochi

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

関連記事

地球ぴょんぴょん - NHKこんげつのうた

歌詞を見ると「ぴょんぴょんぴょんぴょん」と「おーいおいおい」ばかりという驚くほど簡単な歌。 今回は

記事を読む

ハーモニカを吸えない子ども

子どものハーモニカがなかなか上達しません。 ドとミしか出せなかったのに比べたら、ドレミファソラ

記事を読む

no image

ミーイズムのあまりの凄さに戸惑いを隠せない

東京で生活すればするほど強く感じるのが、自分がよければそれでいいっていう『ミーイズム』。 電車の乗

記事を読む

no image

けん玉は一日にしてならず

とりあえず一週間くらい毎日けん玉続けてます。 一日休んだら自分にわかる。 二日休んだら批評家

記事を読む

no image

ディズニーシー with 4歳児(103センチ)

ディズニーシー! ずっと行った事がなくて気になっていた施設のひとつ。ランドより大人向けとか、子連れ

記事を読む

no image

「ブンバ・ボーン!」おかあさんといっしょの体操がリニューアル

子どもが生まれてから長年親しんできたぱわわぷ体操もおしまいです。 家に帰ってきたら、嫁に「なんと!

記事を読む

no image

子どもの寝かしつけ

子どもの頃って9時まで起きてたら遅い方だったなーって記憶があったもんだから、子どもが生まれたらきっと

記事を読む

no image

おばけのやだもん

おばけのやだもんっていう絵本。 おばけのやだもんposted with ヨメレバひらの ゆきこ

記事を読む

部屋に花を飾ってみた

「洗面所アラーム作戦」めっちゃ使えるわあ。 5分前に枕元のアラームで目を覚ましておくことがミソかも

記事を読む

no image

子どもがうるさくってうるさくってムカつくんすわー

子どもがうるさくてウンザリしてしまう、そんな経験はありませんか? ぼくの場合、経験どころか現在進行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
赤ちゃんのミルクづくりの必需品はウォーターサーバーです

赤ちゃんの子育てで最も面倒なことは、日々のミルクづくりではないでしょう

no image
「腰痛・肩凝り」寝てるだけで直したくないですか

腰が痛い、肩が凝る、なんだか身体が固まっている気がする、そんな悩みあり

no image
人間なんのために働くのか

なんのために働くのか。いやー命題ですね。 これは深い、深い(笑)

no image
ダイヤのエース甲子園開幕はactⅡの1巻から

地味に好きなんですねー。ダイヤのA(エース)。 ダイヤのA ac

no image
声が出なくなった時の対処法

これな。 風邪で喉に来るとすぐに声帯がやられます。やだよねえー。

→もっと見る

  • もたを                                      ぼくは本気出したらすごいんだぜ。いつもポジティブに見えるのは単に記憶力が悪いのです。
PAGE TOP ↑